年子母ちゃん、キャリアも育児もええとこどり(を目指す)

夫、2歳の息子、3歳の娘と四人暮らし。 30代、ワーママ(フルタイム)。キャリア優先の人生から一転、インターネットの怪しい子育て情報に翻弄されつつ、日々年子の2人の子どもの母ちゃんとして逞しくなってきています。

家族でバーチャル海外ツアーに参加してみた

新型コロナウイルスの影響で、当面海外旅行は難しそうです。

もともと小さい子連れということもあり海外旅行はあきらめていましたが、なんとオンラインで海外旅行を楽しむ人が増えているらしいという日本経済新聞の記事を読みました。

style.nikkei.com

続きを読む

内田詮三『沖縄美ら海水族館が日本一になった理由』

上野動物園よりも多い入館者数記録も持つ沖縄県美ら海水族館の初代館長による、開園までのエピソードと、日本一の入館者数となるまでの逸話をつづった本です。

続きを読む

【Amazon Prime】『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』

第二次世界大戦中、ドイツを支えた暗号「エニグマ」の解読に、孤独な天才数学者がどのように取り組んだのかを描いた作品です。

Amazon Prime以外でも視聴できます。

続きを読む

英語ソングで楽しく子どもと英語になじむ

先日、Khan Academy Kidsというアプリをご紹介したのですが、このアプリで聞ける歌はYouTubeの大人気チャンネルと提携しているようで、元チャンネルからはもっと多くの英語の歌(しかもどれも可愛くて面白い!)が視聴できます。

続きを読む

山口周『世界で最もイノベーティブな組織の作り方』

日本は「個人」になると世界トップレベルの創造性を発揮するのに、組織になるとからっきしだめだ、という筆者の人材供給業界での気づきを踏まえ、どういう組織が個人のイノベーティブな取り組みを促進するのか分析した本です。

続きを読む

本屋業界の危機

オリエンタルラジオ・中田あっちゃんの「中田敦彦YouTube大学」で、永江朗『私は本屋が好きでした』が紹介されていたのですが、なかなか衝撃的な内容でした。

続きを読む

休日はホットクックよりヘルシオオーブンの方が使用頻度が高い理由

我が家ではヘルシオオーブンとホットクックの2大!?調理家電が日々活躍してくれているのですが、休日の稼働率ヘルシオオーブンが2倍以上高いです。

続きを読む

【Disney+】『キャプテン・アメリカ』シリーズ

第2次世界大戦中のアメリカ軍の極秘実験「スーパーソルジャー計画」により強靭な肉体を得たスティーブが、キャプテン・アメリカとして世界の滅亡を阻止するために奮闘する様子を描く、マーベル・シネマティック・ユニバース作品のひとつです。

※Disney+以外でも視聴できます。 

続きを読む

伊勢祥延『仏陀バンクの挑戦-バングラデシュ、貧困の村で立ち上がる日本人と仏教系先住民たち』

日本の仏教団体「四方僧伽」がアジア地域で開始した小規模融資(マイクロファイナンス)「仏陀バンク」が、バングラデシュでどう立ち上がっていたのかのエピソードを、プロジェクトリーダーである著者が綴った本です。 

続きを読む

こんまりさんのお仕事お片付け本、和訳発売

以前紹介した近藤麻理恵さんの新刊『Joy at Work』の和訳が近日発売になると、ご本人のブログでご紹介されていました。

近藤麻理恵Official Blog『新刊【Joy at Work〜片づけでときめく働き方を手に入れる】』

ameblo.jp

続きを読む

中尾武彦『アジア経済はどう変わったか-アジア開発銀行総裁日記』

アジア開発銀行(ADB)総裁の著者による、総裁着任前の日本での財務官時代のエピソード、総裁着任後に精力的に進めた関係諸国との連携や、急速に存在感を増した中国との関係など、当時の詳細な記憶をもとに回顧している本です。 

続きを読む

【おもちゃ】スタック&スピン・バーガー

トイサブで我が子がよく遊んだおもちゃのひとつです。

続きを読む

【洋書】Diane Tavenner『Prepared: What Kids Need for a Fulfilled Life』

アメリカで革新的な高校のモデルとしてビル・ゲイツマーク・ザッカーバーグに絶賛され一躍有名となった「サミット・パブリック・スクール」の共同創設者が、自身が理想とする「誰もが勝者や敗者に分けられることがなく、社会で成功するためのサポートを受けられる場所」をどのように作っていったかを回想した本です。

続きを読む

ユニクロ布マスクがようやく使えるレベルに

鳴り物入りで発売されたユニクロのエアリズムマスク。

わたしの聞く限りでは、使いづらいという不満の評判の方が多く、私自身も1度だけ試したところ「これは二度と使わない」と感じたのですが、8月にアップデートされたバージョンは問題なく使えるレベルの商品に仕上がっていました。

続きを読む

サルマン・カーン『世界はひとつの教室』

利益ではなく社会貢献を目的に「オンラインでいつでも質の高い教育が受けられる教育プラットフォーム」というビジネス形態を、世界で初めて世に知らしめたカーンアカデミーの創設者が、教育に対する自論とアカデミー立ち上げまでの経緯を解説した本です。 

世界はひとつの教室

世界はひとつの教室

 
続きを読む