年子母ちゃん、キャリアも育児もええとこどり(を目指す)

夫、2歳の息子、3歳の娘と四人暮らし。 30代、ワーママ(フルタイム)。キャリア優先の人生から一転、インターネットの怪しい子育て情報に翻弄されつつ、日々年子の2人の子どもの母ちゃんとして逞しくなってきています。

海外ドラマでリスニング&ボキャビル

子どもがいると自分の時間はほとんど取れませんが、そんな中で英語のリスニングスキルを維持したりボキャビルしたければ、動画配信アプリを活用した海外ドラマの視聴が一番手っ取り早く効果があると感じています。

HuluかNetflix

毎日細切れに視聴していくなら、洋画よりも海外ドラマの方が、短いエピソードに分かれているので、適しています。

そこで、豊富な海外ドラマコンテンツを誇るHuluとNetflixのどちらかにしようと思い、まずは両者の無料体験を申し込みました。

HuluはNetflixに比べてアプリの動作が安定せず、コンテンツのダウンロードのたびにフリーズしやすい印象でした。

Netflixは可もなく不可もなく、という印象でした。

視聴の目的が英語のリスニングスキルの維持とボキャビルなので、頻繁に英語↔︎日本語の字幕切り替えをしますが、これは検討当時は両者ともに機能に差はなかったです。

どういうことかというと、どっちも字幕を切り替える操作をした後、しばらく経たないと字幕そのものすら表示されなかった、ということです、、、(表示されてない間は英語音声オンリー状態)

ただ、私が加入した後の話にはなりますが、その後Netflixについてはアプリのアップデートがあり、言語切り替えスピードが改善されて非常にスムーズになりました。

この点で、Netflixの方がHuluよりもかなり使い勝手が良くなったと感じています。

私はNetflixにしました

結局Netflixにした理由は、昔見ていたGrimmという作品のエピソードが最新のものまで配信されていたことでした。

海外ドラマ「GRIMM/グリム」

この作品、刑事要素とファンタジー要素が混在していて、フレンズなどのシットコムに比べてリスニングやボキャビルには正直向いていませんが、作品としてものすごく面白く、まずは動画を見る習慣をつける、という観点からは良い動機付けになってくれました。

子育てしながらいつ見るよ

私がNetflixを使い始めたのは2人目の子どもの出産後の、職場復帰を意識し始めた頃でしたので、自分の時間はほとんど取れない環境です。

このため子どもたちを寝かしつけした後、そのまま布団でイヤホンをつけて視聴することが多いです。

正直、寝落ちして見れない日もあります、、、

海外ドラマを視聴する目的はリスニングスキルの維持、そしてあわよくばボキャビルなので、1日30分を目安に頑張りすぎずにやっています。

Netflixは配信されているコンテンツがたくさんあるので、見れば見るほどお得なのですが、残念ながら日中に見る時間はありません。

私の海外ドラマ視聴の仕方

極力字幕は見ずに、会話を聞き取ってストーリーを理解することに集中しています。

しかしなんせ見ているドラマがGrimmという特殊なジャンルのドラマなので(そもそも英語ですらない言語が出てきます)、聞き取れない単語も多く、英語の字幕を表示しておいて、聞き取れなかったらチラ見同時並行で確認しています。

理解できない文章や単語が出てきたら、字幕を英語から日本語に切り替え、15秒巻き戻しボタンを押して同じ場面を再生して意味や訳文を確認しています。

この字幕の切り替えが、現在のNetflixのアプリでは上述のとおりとてもスムーズで快適です。

分からない単語は、時間があればオンラインの英英辞典で意味を確認するようにしていますが、ほとんどの場合時間がなくて字幕の切り替えで意味を確認するにとどまっています。